mck-3sisters(エムシイケイ三姉妹)

二歳半ずつ違いの三姉妹と、その母の日々を綴りたいと思います。

そう言われましても、こればかりはどうすることもできない

次女:シイは、長女:エムとも三女:ケイとも相性が悪い。


仲良くしているときも、もちろんあるのですが。



エムがシイのほうへ歩いてくるだけで
「エムちゃん、ダメぇ!」


ケイが泣き止まないときには
「ケイちゃん、ヤダぁ!」



シイはどうやらイヤイヤ期が長いようで。
……


そういえば、市で実施している健診にエムとシイの二人を連れて行ったときのこと。



確かそのときは、エムがシイに対して態度が厳しいが
(今、思うとエムのそれは赤ちゃん返りの一貫だったのかもしれない)
何か良い方法はないか、などと保健師の方に相談をしたのですが。



その保健師の方に


「二歳半差なの~、かわいそうにね」


と。



当時は「兄弟間の二歳半差は難しいものなのね」と、娘たちに申し訳ない気持ちになった記憶がありますが。



「かわいそう」という形容に、私も娘たちも存在を否定されているようで。



過去のモヤモヤを思い出しましたが。


娘たちに囲まれている現在の私、三姉妹それぞれの笑顔を見て、少なくとも「かわいそう」ではないと思いたいものです。


★☆★☆

重なる

三女:ケイの夜泣きが始まった、と思ったのですが。


どうやら風邪をひかせてしまったみたいです。



週末は、長女:エムと次女:シイの体力に合わせてケイを連れ回してしまったツケがここに…。



咳、鼻づまり、熱にうなされるケイ。



加えて、シイも「ゴホゴホ」



おまけに、エムが嘔吐…。
胃腸炎が流行りだした、とお便りがあったばかりのエムとシイが通う園。



これはまずい。



エーイチは夜勤で翌日の昼まで不在。


エーイチはそういうところがある……ある意味、危機回避能力。



(彼のせいでは絶対ないのですが、やり場のないこの気持ち)


……


と、昨日の夜は不安で、物理的にも精神的にも眠れませんでしたが。



朝になってみると、エムは微熱があるものの超絶元気、シイもケロッとしていてヨーグルトと納豆を平らげておりました。



後はケイの体調が戻れば一安心~……


……


ちなみに数ヶ月前にも似たようなことがあり、やはりケイだけ風邪が長引いたのですが。



そのときは一番最後に私に白羽の矢が!



一週間強、母親が絶不調という事態に陥ったエーイチ家。



健康が一番ありがたいことだと、再確認しました…。



☆★☆★

マニュアル通りにしました

旦那:エーイチは何かにつけて「餅は餅屋」的な発言をする。


そんな「蕎麦屋の蕎麦が食べたい」が、もはや口癖なエーイチ。



だからと言うわけでもないけれど、麻婆豆腐を作るときには普段、いわゆる「モト」を使っている面倒臭がりな私。


……


今日は三女:ケイの離乳食のために、挽肉と豆腐、玉ねぎを水から煮こみ、鍋の水分量が分からなくなってしまった。



しかも、大量の「挽肉と豆腐と玉ねぎの水炊き」ができてしまったので、ケイの分を一先ず取り分けてから麻婆豆腐にしようと思った。



念のため、マニュアル男なエーイチに聞く。



旦「味付けはあなたに任せるよ。…あ、豆板醤は入れてね」



そう言われたので、まずは豆板醤を用意した。



初めて蓋を開けた私。



ちなみに調味料は、「さしすせそ」があれば日常はまわせると思っています。



非日常に、思わず上二人の娘の分を取り分ける前に「水炊き」を真っ赤に染めてしまった。



結果。



旦「辛すぎる」


……


豆板醤のチューブに表記してある分量を入れたのですが、エーイチの口には合わなかったようで。



豆板醤を買ったのは他でもないエーイチなので、次回からは彼に使ってもらおうと思います。


………


そんなことを思い出していたら、寝ていたケイが泣き出した。



夜泣きの始まりかしら。


★☆★☆